2014年01月21日

ドカドカですが…

それにしても、10日以上ご無沙汰しておりました…

こんにちは、スイトンです。

なんだか今年は、去年に比べ雪も多くてスキー場も忙しいし、何よりも雪かきの回数が多くなっておりまして… と、言い訳してみたりする(笑)

それにしてもひるぜんベアバレースキー場も、積雪が結構あり安定期に入ったようで、ドン!
毎度おなじみで、あまり変化が(笑)
ドカドカですが…

昔“ドカドカうるさいR&Rバンド”と言う、RCサクセションの歌がありましたが。
今の蒜山は“ドカドカ降ってる雪がよぉ♪”って感じでしょうか?

それにしても、本当にド拍子もないほど降りまして、この前1月9日も24時間の降雪日本一だった、蒜山上長田測候所も有りましたが、一気に降る雪の量が多すぎて困ったものです…

それでも流石にベアバレースキー場も、1月21日現在90cmの積雪で当分安心状態です!

まぁそれにしても、スキー場の積雪量の報告って…(笑)
結構ばらばらでございまして、スキー場によっては、なかなか巧妙な手口を使われるます…
各スキー場には、積雪量の報告用の雪尺と言う物を設置するのですが、基本的にはリフト乗り場付近に設置するのですが、スキー場によっては逆のリフト降り場付近に設置する場合も…

当然リフトは乗り場は標高が低く、降り場の標高は高い。
またまた当然の如く、標高の高い方が積雪が多いので、積雪量の発表数値は高くいかにも「たくさん雪降ってますよ〜」と言う感じになりますが、実際には雪が減ってくると、今度はリフト乗り場の雪が無くなり、当然“滑走不可”になるのですが、今度は積雪量が多いのに“滑走不可”は格好が悪いので、リフト降り場の積雪量を発表する、「あれぇ〜、雨が降ったわけでもないのに、昨日から50cmも雪が減って、急に滑れなくなってるがぁ?」という怪現象が(笑)

と言うことで、ひるぜんベアバレースキー場の積雪量は、リフト乗り場の積雪量を発表しておりますので、周りのスキー場より少ない発表の時もたまに有りますが、雪の質は変わりませんのでご安心を!
それでもこないだみたいに、本当にちょっとした雪の流れで、ご近所のスキー場より積雪が少ない時も有りますが、そこは運みたいなところですので、ご容赦願えればと思います。

てなことで、すっかり雪攻めにあって雪かきで鍛えられている、蒜山高原からではでは。

Blog Ranking←ランキング参加中!、良かったらプチッと!(笑) 中国地方のblogもあります!!


posted by suiton at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。